手作り

子供でも簡単に作れる超濃厚チーズケーキ

新型コロナウイルスの影響による”自粛”というワードが聞かれるようになり1か月くらい経ったかなぁ。

 

行動を控え在宅、引きこもりというような発言もみられ、家でどう快適に過ごすかが課題ですね。

 

そんな中、先日からちょいちょいクックパッドにレシピ投稿しています。

デイリーアクセスランキングがあって、私が3/20に投降したチーズケーキのレシピが、3/22の総合ランキング7位お菓子ランキング5位になりました。翌23日のお菓子ランキングでも8位になりました。

 

チーズケーキ

 

このレシピは”モントン”というスポンジケーキのキットを使って作成しています。

 

モントン

 

みんなよく知っている、ネットでも売っているヤツなのでポチッとするだけで買えます。

 

 

 

「簡単に作れるもの」

 

まず作り始めるにはやっぱりこれが一番なのかもしれないですね。こだわったりするものは慣れてからでもいくらでも出来るし、何でもそうだけど楽しく出来ないと続かない。

 

そしてこのチーズケーキのレシピは、みんな大好き業務スーパーで売ってるクリームチーズを使うので気になったらすぐ買いに走れます(^▽^)/

 

このチーズケーキの作り方を説明していきます★

材料は最後に載せます。

チーズケーキの材料

 

先ほどのモントンの他には、クリームチーズをなんと2箱!!贅沢にたっぷり使っちゃいます。もちろん好みがあるので1箱でも大丈夫です。一般的なチーズケーキのチーズ感じゃ物足りないといつも思っていて、もっと濃厚なやつが食べたい!ってなってどのくらい入れたら美味しいのかを追求した結果、材料を半端に残すのも食材ロスの観点から考えてよろしくないので使い切るようにしました。近くに業務スーパーがない( ^ω^)・・・という人は近くで買えるクリームチーズってだいたい1箱200グラムくらいなのでそれで用意するとほぼ同じです。

 

もうひとつ大事な材料が”レモン1個”

これは、果汁の瓶などで売っているものではなく是非生のレモンを用意してください!皮は使わないので国産でも輸入でも構いません。風味が生のレモンでつくるほうが圧倒的に良いです。クリームチーズの量が多いので輸入のレモンの強い酸味で丁度いいくらいです★

 

付属品の紙型で作れますが、金属製の型を使う場合は型にバターを塗るとクッキングシートの加工をしないでも簡単にできるのでおすすめです!

 

 

まずはボトムから作ります。

ムリにボトムの用意する必要はないし、なくても美味しいので、材料があれば作るくらいの気持ちで、小難しく考えないのがポイントです。

 

ビスケット

チーズケーキの底の部分になります。

 

ビニール袋にビスケットを入れて綿棒などで砕きます。粗目にすると食べるときにザクザクの食感も楽しめます、細かくするとチーズケーキとの馴染みがよいです。めっちゃ細かくしたかったらある程度砕いたらミキサーにかけるとサラサラになります。ちなみに私はやや粗目で作ります。

 

電子レンジで無塩バターを少し温めます。軽く溶けていれば混ぜたら液状になります。

無塩発酵バター

 

 

砕いたビスケットに溶かした無塩バターを入れてなじませます。

 

 

ビスケットと発酵バター

写真のバターは手作りの無塩発酵バターです✨

 

なじませたら型に入れて平らにならします。スプーンを使ってと一般的なレシピでは書かれてたりしますが、ラップでおさえつけてならせばいいんですよ。表面で出る部分ではないの細かいことは気にしない★

そのままそのラップをかけて冷蔵庫で冷やしておきます。何分くらいとかってよく言いますが、ほかの作業をしている間にちゃんと冷えるので時間は気にしなくて大丈夫。

 

 

 

次に室温に戻しておいたクリームチーズをハンドミキサーで混ぜます。

クリームチーズ

 

少し混ぜたら止めて、生のレモン1個を半分に切り、果肉にフォークをさして果肉と果汁をいれます。1個分全量入れます。

 

レモン

 

レモン

 

レモンを入れるとレモンの酸でクリームチーズがなめらかになりやすくなるのでハンドミキサーでよく混ぜます。

 

レモンクリームチーズ

 

 

このあたりでオーブンの予熱を入れます。180℃で40分にセットします。

 

 

 

ここからが本題のチーズケーキの部分です。

 

付属の粉、卵3個、牛乳。

 

卵3個と牛乳の重さのトータルを206グラムにするのが最大のポイント!

 

 

何ccとかがめんどくさいんですよね( ´艸`)そして卵もサイズによるところがあって、箱にはMサイズを指定されているので、絶対それを用意しなければならないように思えてしまい、わざわざ買うのもめんどうくさいですよね。そのわずらわしさを取っ払いました!!!

 

クリームチーズが多いので牛乳が少々減ったところで問題ないです。本来だと卵の卵白量を減らすんですが、そうすると卵白の余りが出でしまうのでもったいないことになっちゃいます。そこも考えての分量です。

 

プレーン生地

全量を入れたらハンドミキサーで白くもったりしてくるまで混ぜます。

すくいあげた生地を落とし手、落とした生地の形が消えず残る状態なら大丈夫です。

 

プレーン生地

 

生地をお玉1~2杯くらいすくい、クリームチーズへ入れてなじませます。

 

生地とレモンクリームチーズ

 

なじんだら、クリームチーズを生地のほうへ入れて混ぜ込みます。クリームチーズは2回に分けて混ぜたほうがやりやすいと思います。全量が多く重たいのでハンドミキサーで混ぜましょう。

生地とクリームチーズ

 

混ぜ終わったら冷蔵庫で冷やしていた型を出します。

ケーキ型

少々ぼこぼこしてても見えてる部分は内側なので大丈夫です。

 

これに生地を流し込みます。

チーズケーキ生地

 

生地をなめらかにするためにハンドミキサーの低速でゆっくりならします。1~2周で生地のキメも整います。

焼く前の生地

これも普通ここではしない工程ですが、表面がきれいに焼きあがる効果もあるので是非やってください(^^♪

 

そして予熱の入ったオーブンで焼き上げます。

ご家庭のオーブンの癖による部分があるので多少温度と時間は増減させてもいいかと思います。

 

焼き色が薄めに仕上がりました。

粗熱が取れたら冷蔵庫でよく冷やしてください。最低でも3時間は冷やしたほうがいいです。よく冷えると濃厚な味わいがより楽しめます。

チーズケーキ

 

切り分けたら冷凍もできるので作り置きにも向いてます。その際は冷蔵庫解凍がいいですよ。

 

 

チーズケーキ

 

 

めっちゃおいしいのでお試しください💛

 

投稿者

kimi.momo.0216@gmail.com
料理したり食べ歩きしたりしたことなどを綴っています。 発酵食品ソムリエ、料理検定、パンシェルジュ、パンのライセンスなどの資格所持。 家族の健康を考え、減塩対策や糖質制限などを取り入れつつ、美味しく食べられるレシピを考えています。よろしくお願します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です